ビットコインをDeFiに!初心者のためのRenVM徹底解説

DeFiに興味があってもビットコインしか持っていない人にとって、RenVMを使えば、デジタル資産をDeFi空間で利用することができます。 ビットコインをDeFiに持ち込む:その仕組み ビットコインやその他のデジタル資産を所有していても、それをDeFiで使えることはないかもしれません。しかし、異なるブロックチェーンは通常、互いに行き来することはありませんが、そのギャップを埋める方法はあります。ブロックチェーンの相互運用性を提供するプロトコルを使えば、デジタル資産をブロックチェーンからブロックチェーンへと移動させることができます。つまり、例えばビットコインをDeFiのイールドファーミングなどに実際に使うことができるのです。 RenVMとは何ですか? RenVMは、分散型金融(DeFi)に相互運用性をもたらすプロトコルです。 RenVMをイメージするには…

続きを読む ビットコインをDeFiに!初心者のためのRenVM徹底解説

レンの将来性考察 

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。 レンの投資価値考察 まずRendarknodebot氏による投資価値の考察です。https://therenreport.substack.com/p/the-ren-report-volume-2 レンのDarknodeの収益を将来のBTC価値で評価する 前述の通り、Darknodeを運営するために100,000Renを購入するには1.72BTCかかります。別の言い方をすると、BTC価格、Renネットワークのボリューム、ノード数の変化がないと仮定した場合、ノードを運営して得たBTCから投資額を回収するには122エポック強かかることになります。1年に13エポックとすると、9.38年で投資額を回収できることになりま…

続きを読む レンの将来性考察 

REN価格等を含む将来性の考察

Ren Darknode Bot氏のREN価格等を含む将来性の考察を紹介します。 まず取引量はどうか まず取り上げたいのは、ネットワーク上のボリュームです。BTCはダークノードオーナーの手数料の99%を占めているので、まずはBTCに焦点を当てるつもりです。他のレンラップ資産で重要なイベントがあれば、それを取り上げるかもしれません。私が話を聞いたコミュニティやダークノードオーナーは、過去2回のエポックにおける最近の取引量の減少に失望しています。米ドルの価値はほぼ横ばいですが、BTCの価値はエポック10と11のノードあたり0.017BTCから、エポック13では0.0135BTCにまで落ち込んでいます。しかし、良いニュースもあります。Epoch 13(2020年3月8日~4月5日)では、RenVM全体のミントの7日間の移動平均が1日あたり70BTCから1…

続きを読む REN価格等を含む将来性の考察