グレイコア

グレーコアは、すべてのゲートウェイ・シャードとコーディネーション・シャードをバックアップする特別なコミュニティ・ガバメント・シャードです。Greycoreには2つの中心的な目的があります。 すべてのミントとリリースに対する第二の署名として機能することで、管理下にある資産の安全性を保証すること(ゲートウェイを参照)、および 安全な乱数を生成することで、シャード選択の均一なランダム性を保証すること(「シャーディング」の項を参照)。 RenVM SubZeroでは、GreycoreのメンバーはRenチームによって選ばれます。RenVM Oneでは、コミュニティのガバナンスによってメンバーが選ばれます。コミュニティのメンバーは、RenVM の成功に関わるメンバーを選ぶことが推奨されます。相互運用性のために RenVM を使用するプロジェクトやプロトコルは、…

続きを読む グレイコア

RenVMグレイコアがテストネットに

Renコア開発チームは、RenVM TestnetをGreycoreに対応させるための移行を発表できることを嬉しく思います。これは長い間待ち望まれていたことであり、Renの長期的ビジョンにおけるこの重要なステップを実現できることに興奮しています。GreycoreやTestnetのプロセス、メンバーについては以下をご覧ください。 なぜGreycoreなのか すぐに非中央集権化することがセキュリティにつながるわけではない RenVMテストネットには、Greycoreと呼ばれる半分散型のバリデータセットが導入されています。 ユーザーの資金の安全性はRenチームの最優先事項であり、Greycoreのコンセプトが最初に作られた理由であり、Renが2019年9月から遵守している漸進的分散化計画の不可欠な部分でもあります。これにより、ユーザーの資金の安全性を確保…

続きを読む RenVMグレイコアがテストネットに

RenVM、100万ドルのバグ報奨金プログラムでImmunefiに参加

新しいRenVMのバグバウンティがImmunefiに掲載されました。   現在までにハッキングされたファンドはありませんが、これは私たちの進歩的な分散化のアプローチによるものだと考えています。漸進的分散化の一環として、レポを徐々にオープンソース化し、バグバウンティを通じて公開しています。 これにより、Immunefiを使った1,000,000ドルのバグバウンティプログラムを開始することになりました。Immunefiは、スマートコントラクトやDeFiプロジェクトのためのバグバウンティプラットフォームで、セキュリティリサーチャーがコードをレビューし、脆弱性を公開して報酬を得て、DeFiエコシステム全体の安全性向上に貢献しています。 私たちは、RenVMがDeFiユーザーの間で人気のクロスチェーンツールとなり、これまでに総取引量が66億ドル、T…

続きを読む RenVM、100万ドルのバグ報奨金プログラムでImmunefiに参加