ビットコインの価格は過去12ヶ月で6倍になり、機関投資家の参入も着実に増えていますが、イーサリアムのエコシステムがエキゾチックなソフトウェアの奇妙な動きで振動し、伝統的な金融のプリミティブを新しい改良された形に変えていくのをじっと見ているのは、ちょっと退屈な感じがしますね。この革命はDeFiです。

ビットコインを持っているだけで、金融技術の最先端にいる選ばれた人たちの仲間入りをしたことになりますが、ビットコインには、収入を生み出す資産としての利息を得るという魅力的な展望があります。ビットコインは「最も健全な貨幣」であり、世界で最も優れた担保であると断言できます。では、それをどうやって活用すればいいのでしょうか?中央集権的な暗号取引所を介して行う「安全な」方法もありますが、本当の魔法は今、イールドファームと貸付プロトコルのワイルドウェストで起こっています。今のところ、アクションの大部分はビットコインネットワークの小さくてシンプルなブロックから遠く離れたイーサリアムで行われています。

しかし、心配は無用です。イーサリアムのエコシステムで現在進行中のDeFI革命に参加するために、ビットコインの所有者は実際にいくつかの選択肢があります。まず、それらの選択肢について簡単に説明し、その後、利用できる様々な機会について詳しく説明します。また、DeFiエコシステムに参加したいと思っているのはあなただけではありません。Ethereumネットワーク上のビットコインの数は指数関数的なペースで増加しており、現在では17万以上のビットコインが何らかの形で包まれています。

そもそも理解すべき最も重要なポイントは、DeFi内でビットコインの価値を利用して利回りを得たり、融資を受けたり、投機をしたりしたい場合、ビットコインを「ラッピング」して、Ethereumネットワーク内でEthereumベースの他のサービスと相互運用できるネイティブトークンとして表現できるようにする必要があるということです。この目的のために使用する主なトークンはWBTC、HBTC、renBTCです(他にもありますが、これらが主な選択肢です)。これらのトークンを手に入れたら、おしゃれなベレー帽をかぶり、MetaMaskをロードし、Sushiswapトートにカリカリのバゲットを入れて、悪名高い「フランスの未来」に突入することができます。

なぜビットコインはイーサリアム上のトークンに変換される(ラップされる)必要があるのか

そもそも、なぜビットコインに「ラッピング」が必要なのかを簡単に説明しましょう。ビットコイン、イーサリアム、ポルカドットなどの各ブロックチェーンは、TCPやHTTPのように独自のプロトコルであり、そのため特定の通信構造を必要とします。つまり、それぞれのブロックチェーンは、同じ言語を話さないのです。異なるブロックチェーン間で効率的な通信を行うにはどうすればよいかという問題は、現在進行中の課題であり、複数の解決策が試されていますが、現状では、ビットコインを他のネットワークに接続することはできず、他のネットワークが理解できるコードに変換する必要があります。

ビットコインをイーサリアムのネットワークに乗せるには、ビットコインを表すERC-20のネイティブトークンが必要です。もちろん、これには別の問題があります。イーサリアムのトークンは、実際のビットコインをどのように表現するのでしょうか?どうやって固定された価値を維持するのか?終わったらどうやってビットコインを取り戻せばいいのでしょうか?その答えは、基礎となるビットコインが「カストディアン」によってどこかで検証可能に保持される必要があるということです。それは、マルチシグキーを持つ高度に信頼された機関であろうと、インセンティブが与えられたネットワークの形をした分散型カストディアンであろうと、あるいは何らかの形のハイブリッドアプローチであろうと、すべては、ビットコイン保有者が、ネイティブなイーサリアムトークン表現を展開する能力と引き換えに、自分のビットコインが保持されていることに安心できるように設計されているのです。

DeFiに参加するためにビットコインを包む必要がある理由がわかったところで、それを手に入れるためのさまざまな方法を見てみましょう。

ラッピングされたビットコインを中央の取引所やDEX経由で購入する場合

BTCをDeFiに取り込む方法は、主に3つあります。

オプション1:集中型取引所

WBTC、HBTC、renBTCをBinance、FTX、Huobi、Coinbase、Kucoinなどの中央集権的な取引所で直接購入するという選択肢もありますが、当然ながら中央集権的な取引所が持つ標準的な注意点、例えば秘密鍵を所有していない、KYCをしなければならないなどの問題があります(ただし、KYCをせずにフィアットのオンランピングをすることはそれ自体が芸術です)。そこからWBTCをEthereumのウォレットに送り、DeFiのエコシステムに向かうことができます。

オプション2:分散型取引所

すでにイーサリアムのウォレットにETHを持っているのであれば、ラッピングされたビットコインを手に入れるまでの道のりはさらに簡単です。Uniswap、Sushiswap、1inch、Bancorなどの分散型取引所に行き、ETHをWBTCやrenBTCと交換すれば、数分後にはERC-20 BTCの新鮮なベールを手に入れることができ、一日しっかりと農作業をするために畑に運び出すことができます。この方法の利点は、作業が少なくて済むことと、収穫量に満足した後に実際のビットコインに交換できる包装されたビットコインを購入することができることです。

オプション3 - WBTCカフェ

WBTCを入手するための3つ目の主な選択肢は、WBTC.cafeを利用することです。このサイトは、BTCをWBTCに交換したり、その逆を行ったりする超基本的な見た目のサイトです。wbtc.cafeは非常にシンプルで、WBTCに交換したいBTCの金額を入力し、WBTCを受け取りたいEthereumウォレットのアドレスを追加します。そして、指定されたアドレスに選択した金額のBTCを送ると、その代わりに、RenVMとBitcoinのネットワーク手数料を差し引いた同額のWBTCがあなたのEthereumアドレスに送られます。

個人的には、BTCをラップ表現にスワップする方法として、オプション1または2を使用することをお勧めします。

イーサリアムでのビットコイントークン

WBTCとは

WBTCは「Wrapped Bitcoin」であり、カストディアンが保有するBitcoinを1対1で裏付けするEthereumのERC-20トークンで、現在、BTCをDeFiに持ち込む方法として最も広く利用されており、Ethereum上の全BTCの~72%を占めています。このコミュニティ主導のプロジェクト(Kyber Network、Ren、BitGoなどの当事者が主導)は、2019年1月にEthereumのメインネットで開始され、膨大な量のBitcoin取引をEthereumのエコシステムに持ち込むことを支援することを目的としています。

ビットコインからWBTCへの変換を容易にし、BTCによるWBTCの完全な担保付きの裏付けを保証するために、ユーザーはまず信頼できるWBTCパートナーを通じてBTCを変換します。ユーザーは、WBTCが同額のBTCで裏付けられていることを、「プルーフ・オブ・リザーブ」システムを通じて個人的に確認することができます。WBTCはWBTC DAOによって管理されており、マルチシグ契約によってマーチャントやカストディアンの追加・削除の決定を行います。とはいえ、デフォルトのオプションは、CEX / DEXを介してすでに市場に出回っているWBTCを購入することです。

BTCがWBTCに変換されると、WBTCを貸すことでビットコインの利息を得たり、Badgerのようなビットコイン中心のプロトコルを活用して利回りを得たり、SushiswapやUniswapのような分散型取引所のプールに流動性を提供したりと、様々な機会が生まれます。

WBTCが真の分散化を遵守しておらず、サークルが管理するUSDCと同クラスのシステムであるという信憑性のある議論があります。WBTCのシステムは、WBTC用のBTCがマルチシグ・ウォレットによって保管されているため、比較的中央集権的であり、またrenBTCのようなハイブリッド非中央集権的なソリューションとは異なり、要求に応じて放出されるのが遅いため、相応に高いカストディアン・リスクを伴います。

HBTCを独自のセクションで取り上げる代わりに、HBTCはHuobi Bitcoinの略であり、Huobi取引所独自のラップビットコインであることを言えば十分でしょう。HBTCは、現在市場に出回っているラップドビットコインの約12%を占めており、WBTCのような中央管理型のカストディアンオプションです。

RenBTCとは

Renは、ブロックチェーン間の資産を橋渡しするソリューションとして設計された、分散型プロトコルです。Renプロトコルで発行される資産の一つがrenBTCで、これはERC-20トークンであり、基礎となるビットコインをイーサリアムネットワークで表現したものです。renBTCは1対1で裏付けられ、基礎となるBTCと交換可能です。WBTCとrenBTCの間には、ボンネットの中に大きな技術的な違い、信頼の前提、カストディアンの方法などがありますが、簡単に説明すると、どちらの場合もBTCがカストディアンに渡され、Ethereumの表現と交換されるということです。

しかし、技術的な詳細の違いは、Renが一連の信頼された当事者のみに依存するのではなく、大部分が分散化されていることであり、これによりRenVMはより速い速度でプロセスを促進することができます。このアーキテクチャを支えているのが、Ren Darknodesです。RenVMをホストするノードで、ユーザーがクロスチェーン移動の際に支払う手数料で補償されることで、インセンティブを得ています。これらのダークノードは、Renプロトコルのルールに従わない場合に切り捨てられる担保を提供しなければならないため、正直に行動することが求められます。

レンブリッジを使ってRenBTCを入手する

レンブリッジは、BTCをrenBTCに橋渡しすることができるユーザーインターフェースです。RenBridge 2は2021年2月15日にリリースされ、BTC、BCH、Zcash、DogeをEthereumとBinance Smart Chainに導入しています。

レンブリッジの使い方についてはこちらをご参照ください。非常に簡単なUIです。

ラップしたビットコインでイーサリアムの利回りを稼ぐ

wBTCを使う場合

イーサリアムのネットワーク上にビットコインを置いた後は、いよいよ利回りを上げていきましょう。このセクションでは、WBTCを持っていて、それを使うという例を使います。まず最初にやるべきことは、WBTCにしっかりとしたAPYを提供するDeFiプロトコルを選ぶことで、Curve Financeをチェックしてみましょう。

Curveは、DeFiの中でも最も信頼されている人気の高いオートメーテッド・マーケットメーカー(AMM)の1つで、CurveのsBTCプールはAPYが20%と高く、非常に魅力的です。sBTCプールに貢献するためには、イーサリアムのウォレットにsBTC、renBTC、WBTCのいずれかと、ガス代を支払うためのETHが必要となります。そしてCurveにアクセスし、sBTCプールに行ってWBTCを預けることができます。

プールには1種類または3種類のラッピングされたBitcoinを提供することができますが、今回はWBTCだけを提供します。舞台裏でCurveはいくつかの魔法を使い、私たちが入金したWBTCを、プールに流動性を提供するために必要な3種類のラッピングされたBitcoinに分割します。

「Deposit and stake in gauge」を選択すると、Metamaskが取引手数料の承認を求めてきます。

その後、「利益」ページにアクセスすると、選択した通貨単位(BTC、USD、トークン)で未払いの利益が表示されます。

賭けられたビットコインは、時間の経過とともにCurveが収集し、リクイディティプロバイダーに分配される手数料を獲得し始めます。この手数料はCurveによって収集され、流動性プロバイダーに分配されます。手数料自体は複利計算され、収集された手数料はプールに戻り、お客様に代わってより多くの手数料を獲得することになります。もちろん、報酬はいつでも請求することができますが、イーサリアムのガス料金が現状では、報酬を得るのに相応の額を集めるまで待った方がいいでしょう。

十分な利益を得て満足した場合や、ビットコインを別の用途に使いたい場合は、出金ページから入金したWBTCをいつでも引き出すことができます。

これが大変な作業に思えるなら、それは間違いではありません。幸運なことに、多くの余分なステップを削除する別のオプションがあり、そのオプションは現在、Ethereumのエコシステムに入る多くのビットコインの磁石のように機能しています。

renBTCを使う場合

Badgerという選択肢 - イーサリアム上でのビットコインのシェリングポイント

ビットコインを担保としてDeFiに持ち込むことへの関心が高まっている中、ここ数ヶ月の間に、公正に立ち上げられたコミュニティ所有のBadger DAOという形で、支配的なプレーヤーが現れました。イールドファーミングを自分で管理するのではなく、Badgerを利用する主な利点は、Badgerが事実上すべてのビットコインベースの機会を特定して1つの場所に集約し、Badgerのガバナンストークンという形でお得感を加えてくれることです。BADGERです。

Badgerは、Yearn.Finance V1金庫をモデルとしたトークン化されたBitcoin金庫であるSettの形で、利回りを生み出す機会を提供しており、ユーザーは資産を預けて、DeFiプロトコルの自動化された戦略にアクセスすることができます。BadgerのsBTC SETT Vaultを使って、自動化された戦略の仕組みを見てみましょう。

  1. BadgerのsBTCプールにラップ型BTCを入金します。
  2. sBTC LP(流動性プール)トークンを受け取る
  3. sBTC LPトークンをBadgerDAOの保管場所に預ける
  4. 保管庫は、スワップ手数料を介して価値が発生し、CRVを収穫します。
  5. BADGERガバナンストークンを定期的に受け取ることができます。

Badgerはコミュニティを非常に重視しており、エコシステムの拡大、既存製品の改良、Badger DAOの価値を高める新製品の作成などを自ら行う、才能豊かで常に成長し続ける「Badgerビルダー」チームを結成しています。Badger discordでは、新しいアイデアや提案について活発な議論が交わされており、暗号インフルエンサーで最近選出されたCouncil of BadgersのシートホルダーであるGabriel Haines氏をはじめとするオンラインエバンジェリストの数も増加しています。

“Badger “には、BTCをDeFiに持ち込むという非常にシンプルなシナリオがあります。今日、BTCを持ってDeFiに入ろうと思ったら、まずwbtc.cafeに行ってラップし、次にCurveに行ってLPし、次にYearnに行って利回りを自動的にロックする必要があります。このプロセスは大変です。Badgerは、BTC保有者が1つのページで数回クリックするだけでDeFiに参加できるようなプラットフォームを構築しています。”

Badgerのようなイールドアグリゲーターを使用する主な利点の1つは、ステーキングとLPの管理に関連する、しばしば痛みを伴うガス料金が「社会化」されることです。コストがすべてのメンバーに分散され、全体的な料金が小さくなると同時に、個々のユーザーは、基礎となるプロトコルの技術的詳細をすべて知る必要なく、インテリジェントなリバランス戦略の恩恵を享受することができるため、Badgerを使用することで、ビットコインユーザーは、主にパッシブなDeFi投資にアクセスすることができます。

現時点では、badger.financeを介してステークやLPを行う際の利回り報酬の一部として提供されるBADGERトークンは、表向きにはガバナンス以外の本質的な価値はありませんが、Badger dappを介して生成されたすべての手数料はBadger DAOの金庫に入り、BADGERトークンの保有者は、これらの手数料をどのように分配するかを選択できる将来の提案に投票することができることに留意する必要があります。

ビットコインをイーサリアムで使用することのリスクは?

ビットコインをイーサリアムネットワークに移すことは、リスクがないわけではありません。苦労して稼いだビットコインを移動させる前に、そのことを理解し、リスクとリターンを認識することが重要ですが、そのリスクのいくつかを以下に概説します。

  • WBTCのようなカストディサービスを利用するということは、中央集権的または部分的に非中央集権的なエンティティとその関連インフラを信頼しているということであり、それは関連するシステミックリスクや人的リスクを伴います。
  • ビットコインとイーサリアムの両方のネットワークに対する51%の攻撃にさらされる。
  • RenVMネットワークでは、ネットワークの設計上、共謀やネットワークへの攻撃など、独自のリスクがあります。
  • イーサリアムネットワークでは、スマートコントラクトのリスクが常に存在し、監査済みのコントラクトは安全性を保証するものではないこと
  • 利回りはプロトコルのガバナンストークンの形で提供されることが多く、それ自体には本質的な価値がないか、ビットコインと比較して価値が急落する可能性があり、結果的に実現利回りは大幅に低くなります。


最終的にビットコインを保管する最も安全な場所はビットコインですが、リスクを理解した上で、BTCをイーサリアムにブリッジングすることで得られる潜在的なリターンを考えれば、その価値は十分にあると言えるでしょう。

 

原文:https://cryptotesters.com/tutorial/btc-in-defi

おすすめ 関連記事

BTCで高い利回りを得る方法

  • 投稿カテゴリー:DEFI / 人気記事 / 関連記事
  • Reading time:2 min(s) read
  • 投稿の最終変更日:2021年6月22日