この記事では、RenVM Mainnet V.04のリリースに伴って行われたアップグレードの概要を説明します。今回のアップグレードでは、プロトコル内の様々な要素が改善されており、以下にその内容を紹介します。

  1. Greycoreの起動が可能に
  2. RenVM手数料の改善
  3. 新しいブロックチェーンのサポートの合理化

Greycoreアクティベーション


今回のアップグレードでは、2020年5月にリリースされたRenVMに追加されたすべての改善点が集約され、実装されています。今後、数週間かけてGreycoreメンバーをテストネットに追加し、メインネットに移行する前に適切なテストサイクルを確保します。このプロセスが安定していることが証明されたら、メインネットにGreycoreを導入します。
Greycore Testentに新しいメンバーが追加された際には、独立したアナウンスを行い、コミュニティのための定期的なアップデートも行います。

RenVM手数料の改善

このアップグレードにより、RenVMはイーサリアム(および他のホストチェーン)を介して手数料をホスティングして配布する代わりに、RenVM内に直接手数料を格納して配布できるようになりました。Darknodeの運営者にとって、これは以下を意味します。

ETHガスは報酬を請求するために必要ではなく、その結果、より費用対効果の高い報酬請求システムとなり、より大きな利益を得ることができます。このアップグレードにより、ネットワークの収益が約5~10%増加します(ガスのコストによります)。

この機能を完全に展開するには少し時間がかかりますが、報酬請求にETHを必要とするのは現在のエポックが最後になると予想されます。これは待ち望んでいた変更ですが、コミュニティが管理するファンドを開始するための最近のRIPの大きな要素であり、前提条件でもあります。最後に、RenVMの基本的なスマートコントラクト機能の開発にも着手しなければなりませんでした。これらの機能はまだ非常に未熟ですが、これはRenVM自体に直接組み込まれたスマートコントラクトの始まりです。

新しいブロックチェーンのサポートを合理化

v0.4のアップグレードにより、新しいアセット/チェーンへのサポートの追加が大幅に容易になりました。開発チームは、5月中にできるだけ多くの新しいチェーンのサポートを追加する予定です。とはいえ、すべてのチェーンは、成熟度、安定性、複雑性、さらには機能セットなどが異なるため、どのチェーンが今回の対応になるかを断言することはできません。しかし、今月中におよそ6つのチェーンを新たに追加することができると期待しています。このように多くのチェーンがサポートされるようになると、今度はホストチェーン間でのアセットのやり取りに注目が集まります。例えば、ETH/ERC20をSolanaに送ったり、SOL/SPLをEthereumに送ったり、といった具合です。

今後に向けて

他のRenVMのメジャーアップグレードと同様に、v0.4はバグが発生する可能性を低くするため、安全性を優先して徐々に展開しています。とはいえ、上記の機能のほとんどは、現在、ネットワーク上で稼働しているか、ネットワークの一部となっているか、展開の準備を進めています。個々の機能については、今後も必要に応じて情報や説明を発表していきます。

これはRenVMにとって、パフォーマンスの向上、クロスチェーンの提供、分散化のための待望の重要なステップであり、このマイルストーンが進行中であることにこれ以上の興奮はありません。

それでは、また次回。

Loong

レンとは

Renは、ブロックチェーン間の値の移動を可能にするオープンプロトコルです。

ウェブサイト | ドキュメント | テレグラムアナウンスメントツイッター | レディット | ギットハブ

原文:https://medium.com/renproject/going-live-with-renvm-v0-4-941fb097e983

  • 投稿カテゴリー:RenVM / ニュース
  • Reading time:1 min(s) read
  • 投稿の最終変更日:2021年5月21日